2005年03月26日

小泉派による小泉批判など

「ザクとは違うのだよ」って. . . 。

●小泉派の筆者だけど、そんな筆者でも気に入らない点はいくつかある。以下に小泉政権のやった事(あるいは、やらなかった事)で気に入らないものワースト4を挙げてみた。

第4位 年金改革の国民への根回し
筆者は年金改革それ自体には反対ではないよ。若者(払う人)が減って、老人(貰う人)が増えるのだから、支給額の減額は当然でしょ。それやんなきゃ破産しちゃうよ。*いっそ自動車の保険みたいに、強制加入の部分と任意加入の部分とに分ければ良いのにね。そうすりゃ筆者ら貧乏人は負担額が減らせるし、たくさん貰いたい人は自分で民間の保険を追加すれば良いし。保険会社が潤って雇用も拡大するよ。

ただ、国民への、特に老人らへのアピールが足りない。聞けば今の年寄り連中の年金って、彼ら自身の支払いからではなくて我々若い世代の支払いから捻出されてるそうじゃないの。だったらそれをもっとアピールしないとね。若い世代に養われているのだという自覚が芽生えれば、これ以上負担を強いるのは気の毒だとの良識もまた芽生えるだろうし。そうすりゃ、老人たちの「支給額減らすなコノヤロウ」的な無理な要求も減るでしょ。

第3位 靖国神社参拝拒否問題
ブッシュ大統領の、「俺も靖国参拝するよ」との申し出を断った小泉だけど、断るべきではなかったね。かつて日本の敵国だった米国大統領ですら靖国を参拝したとなれば、中国に対する強力な牽制になったろう。案外、ブッシュはそれがために盟友小泉に気を使ってくれたんじゃないの?

第2位 「変人」発言
誰もが良い子でいたい。だからとりあえず謝っちゃう。これ日本人の悪いくせだよね。隣近所ならともかく、外交の世界でもこれをやっちゃう政治家が多いからたまんない。あんたらが謝ると、そのツケは国民に回ってくるんだからね。

政治家は悪者になる事を、悪者呼ばわりされる事を恐れるべきではないんだよ。小泉総理が「自分は変人」と述べた時、筆者はスゴイと思った。その手があったかと。あらかじめ俺は変なやつですよと宣言しておけば、いざという時に「だって俺変人だもん」って開き直れるよね。贖罪の必要なし。

ところが小泉、アジアの人たちに「反省」しやがった。おいおい。何のための変人宣言だよ。もしかして、それって単なる自己紹介?プロフィール?政治的に利用するんじゃなかったの?

第1位 技術者見殺し
その昔、エジプトではピラミッドの建設者専用の都市を造り、そこから出なくてもいいように(あるいは、出られないように)したそうな。ペルーの日本大使館占拠事件の際、地下トンネルの建設に携わった労働者たちは、事件後姿を消したそうな。たぶん、口封じのためにどこかに隔離されて暮らしているんだろうね。

日本は技術立国だから、それと同じくらいの熱意をもって、彼らを囲うべきだね。中小企業の倒産でそこの労働者が自殺したり、中国のような敵国に引き抜かれたりするのは当然政府にも予見できたろう。それがこの国にとってどれだけマイナスになる事か。彼らを守ってやる努力を、政府はもっとするべきじゃなかったかな。

できれば企業が潰れないようにしてやる。潰れてもしょうがないような企業については、そこの従業員、特に技術者をできるだけ救ってやる。皮下脂肪(不良債権)を政府が減らしたがるまでは正しいと思うけど、内臓がダメージを受けるような無理なダイエットには大反対だ。そういや昔、技術漏洩を防ぐために共産圏への輸出を制限する協定みたいなのがあったはずだけど、共産圏での技術者の就労を制限する法律があってもいいんじゃないの?
posted by 窓使い at 19:02| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 時事ネタっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。