2005年03月21日

昨日、ヨドバシで

アンタッチャブルのラジオが始まるらしい。

●ポケットラジオ買ったんぽ。いつもは空白時間のお供にipodを持ち歩くところの筆者なのだけど、バッテリーが弱っている関係上、もうあまり長時間の利用には向かないのね。ならば電池で動いて無限のコンテンツを持ち歩ける、ポケットラジオをこの際見直してみようではないかと。

ちなみに今回買ったラジオは、aiwaのcr-ds556というやつ。プリセットボタン(am/fm各7局を登録しておけるのだ!)付きで四千円台というのが素晴らしい。これよりずっと高価でジョグダイヤルも付いているソニーのやつは却下。ジョグ押し込みでam/fmのバンド切り替え・ジョグ回転で選局という作法にいまいち意義が感じられなかったし。ソニーって、使い勝手を悪くしてでもジョグダイヤルを搭載するよね。本末転倒。そのうちメモリースティックにもジョグを付けるんじゃなかろうか。

巻き取り&本体収納式のヘッドホンが多い中で、こいつのヘッドホンは外付け方式。標準のヘッドホンが気に入らなければ差し替えが利くし、「ヘッドホンがfm用アンテナも兼ねてるから、スピーカーで聴く場合でもヘッドホンのコードを延ばしておいてね」的な空しさもない。

意外だったのは、このオマケヘッドホンの音質の良さ。帰宅してからipodに付けて聴いてみたんだけど、ipod標準の白いヘッドホンとの差がすごい。今までは英会話のファイルなんてシャリシャリして聴けたもんじゃなかったのに、ヘッドホンを差し替えただけでまったりと自然な音質に早変わりした。一応ipodのヘッドホンも、指でぐっと耳の奥に押さえ込むか、手で耳を覆ってやるとかすれば音質が改善されるけど(つまりipod標準のヘッドホンの場合、音の大部分が四散してるって事かな)、aiwaのやつはその音質が素で得られる感じだ。ちょうどipod用にヘッドホンを探してたところだったんで、これは思わぬ副産物。ラジオも付いて来るし(笑)、同じ悩みをお持ちの方は四千円でaiwaのヘッドホンを買うのはどうだろう。

条件にもよるけど、コミュニティーfmを聴く事すらできた。札幌には今のところ六つのコミュニティーfm局があって、筆者の住む場所からあまりにも遠い「三角山放送局」や、そう極端には遠くないけど「ラジオカロス」や「ラヂオノスタルジア」の受信には成功していない。が、野外で、そして夜間にという条件付きなら「fmアップル」「さっぽろ村ラジオ」「ドラマシティfm新さっぽろ」は聴ける。室内で聴ければベストなんだけど、それはさすがにきついかも。窓を覆うほど雪が積もっているから電波の入りが悪いし。春になったら(今年の北海道は、今でもまだ冬なのだ)またいろいろ試してみるつもり。まあどっちにしろ、前に使っていたandoとかいうメーカーのがひどかったせいもあって、今度のラジオには大満足だけどね。

ラジオを購入したところのヨドバシカメラでは、例によってappleブースで遊んできた。新型ipod miniの色の印象は「濃!」。通称「ピンク」の紫色っぽさが改善されていなくて残念無念。

powerbookの次の型は、ipod shuffleと他のusb機器が干渉しないように、スロットの配置が変更になるだろうと予測。12インチ用にpcカードスロットも欲しい。筆者は一応@freedと契約してるので、あとはb-portを買ってくればbluetoothでネットに繋がるんだけど、肝心のnttがphsから撤退するらしいからね。b-portがウィルコム(旧ddi)の端末に対応してくれるか、powerbookがpcカードスロットを付けるか、二つに一つ。じゃないと買ってあげない。
posted by 窓使い at 23:32| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/2532392

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。