2005年03月25日

レイプ防止会

どうする堀江。

●事故や犯罪のニュースを見た時の一般ピープルの反応って、「怖えー」「ひでー」「トゥトゥッピドゥー」等いろいろあると思うけど、筆者の場合、「なぜこの事件は起こったのか」とか「被害者はどうすれば助かったのか」とか考えてしまうのね。「人の事故見て我が事故防げ」みたいな。これも日頃のリスク管理とシミュレーションの欠かせない、トレーダーの性[ さが ]かもしれない。

たとえば筆者、水辺で草を食う草食動物よろしく、車には全く無警戒なまま歩道を歩く人だったの。だって車が路肩に乗り上げて突っ込んでくるなんてまずないだろうし。でも車が歩道に乗り上げて人を轢いたとかいうニュースを見たり、人を轢かないまでも歩道に乗り上げた事故現場を目撃したりすると、考えが変わるね。今では車道の様子を何となくうかがいながら歩道を歩く自分がいる。信号待ちでは電信柱を盾にできる位置に立ってみたり。

自分にあまり関係のない事件、たとえばレイプ事件が起きた時にも、つい分析しちゃうねえ。事件が起きた原因とかをね。被害者が悪いとは言わないけど、防ごうと思えば防げたんじゃないかと思われるようなレイプ事件は多いよ。たとえば最近でいうと、ナンパで声をかけられてほいほい車に乗ったら、どこかに連れ込まれてレイプされたとか。最近じゃないけど、男ばかりの集まりに女が一人か二人で参加して、カラオケルームでヤラレたとかね。

このブログを読む読者様にこんな単純な手に引っかかるアホがいるとも思えないけど、中にはもっと巧妙な手を使う輩もいるから注意が必要だ。たとえば薬を使ったレイプ。これはバーで酔わせてどうこうするという古典的な手法ではなく、女が席を離れた隙に飲み物に薬を仕込んでおく、というもの。「男と一緒にいる時は、酔わないように控え目に飲んでます!」「ノンアルコール飲料のみ注文してます!」みたいな作戦も、この手には効き目なし。読者様ならどうやってドラッグ・レイプの危険を回避する?筆者が女なら、そもそも席を外さないか、席に戻ってからは飲み物を飲まないか、あるいは新しいのを注文するね。

職場の上司にヤラレた、というのはここ何年かのレイプの特徴だ。不況でなかなか職が見つからないから、雇い主がその立場を利用してレイプするのだ。押し倒し、かつ解雇をちらつかせて事に及ぶわけだけど、これにも予防法はある。過去の例でいうと、倉庫等の離れた場所に呼び出してレイプ、というパターンが多い。よって、目立たない、あるいは孤立した場所に呼び出された際には友だちに声をかけて一緒に来てもらうのがいい。中に入る際は扉は閉じない事。「倉庫に○○を取りに行って」とかいう同僚の当たり障りのない頼みにも一応警戒する事。上司と同僚がグルになっていて、倉庫に入ったら上司がお待ちかね、というケースが実際にあったからね。その子?レイプされたよ。

実際に襲われた場合の対処法をいくつか。逃げるのが基本中の基本だけど、それがかなわぬ場合は、なにはともあれ大声で叫ぶ事。叫ぶとは騒ぐ事ではないよ。「やめて下さい」「いやいや」「トゥトゥッピドゥー」等とごねる事でもない。叫ぶとは人間サイレンよろしく、加害者の耳をつんざく事を意味する。相手を驚かせて、逃げ出すように仕向けるか、もしくはこっちが逃げるのだ。驚いた拍子にオサンの愚息もしょんぼりするから、レイプ被害に遭う危険は大幅に低下する。

その際、絶対に予告はしない事。相手を驚かせるのが目的なのだから、「大声を上げますよ」等と予告しては意味がない。同様に、「警察を呼びますよ」という脅しも無意味だ。予告する暇があったらとっとと電話するべきだ。レイプ事件ではないが、「警察を呼ぶよ」と子供が予告したせいで犯人が逆上、殺害されたケースもある。

侮れないのは、のどの奥に指を突っ込んで吐くという作戦。ターゲットは自分のお腹あたり。珍臭まみれ&汚物まみれになって相手の「やる気」をそごう。その後どうやって帰るのかって?そんな先の事を気にするよりは、今目の前にある危機から脱出する事だけを考えるべきだ。それをためらったばっかりに、にっちもさっちも行かなくなったトレーダーがいっぱいいるんだぞ。
posted by 窓使い at 19:09| ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | つれづれ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。