2005年03月16日

「童貞」「高卒」も差別語ですか?

(´・ω・`) ちょっとラストが季節外れだけど、昔書いたやつ死蔵しておくのももったいないし。

●そもそもは差別語ではなかったものが、いつの間にか差別語になってしまう事は良くある。これは、言葉が生き物である以上はどうしようもない。社会は刻々と変化するし、世代交代もある。新しい世代が古い世代の用法を継承してくれないケースは少なくない。

たとえば差別語ではないが、「全然」の意味するところは世代によって違う。筆者は否定の意味で使うよう教わったが、ある日ふと気が付くと、「全然オッケー」のように肯定の意味で使われるようになっていたので驚いた。肯定の意味で「全然」を使う世代はかなり昔にも存在したらしいから、本来どっちが正しいのか良く分からない。同様に「割り切った付き合い」も世代によって使い方が違う。古い世代にとっては不倫関係を指す言葉だが、新しい世代にとってそれは金銭の授与をも包含している。要するに売春である。おじさんと女子高生が「割り切った付き合い」をしたところ、後で喧嘩になったという笑えない話もある。下品なので書かないが、誰とでも寝る女を指すはずのある単語は、今や肯定的な意味で使われる事もあるらしいから驚きだ。これは差別語(?)が非差別語になってしまった希有なケースだろう。

当初は差別語ではなかったはずのものが、後に差別語として"認定"にされてしまった例としては、「クロ」「黒」だろうか。単行本として売られ、テレビでも放映された藤子F先生の「ジャングル黒べえ」は発禁処分を食らって今では読めないし、藤子A先生の「笑ゥせえるすまん」が元々は「黒いせえるすまん」だったのは有名な話だ。「man」という英単語に「人」という意味もあるのはご存知のとおりだが、『じゃあwomanは人ではないのか』との言い掛かりに押されて今では「male」「female」という単語が好まれるようになった。別にそんなつもりで「man」という単語が発明されたわけではあるまいに。

差別的に使われるケースもあるという理由だけで、その単語を使用禁止にするのは行き過ぎだろう。必要なのは差別的な使われ方を、できれば差別そのものを無くす事であって、単語だけを抹殺する事ではないはずだ。

ましてや、「今は」差別表現とされる単語を「昔」使ったという理由で、作家を吊るし上げるべきではない。そもそも、今あるどの単語が将来差別語と化すかなど、誰にも予想できないではないか。シートベルトを絞めないで運転するのは、今では犯罪だ。そういう法律ができたのだから。しかしだからといって、法律ができる前の分にまで遡(さかのぼ)ってペナルティーを課されるべきだろうか。もしそんな無茶が許されるなら、私や多分あなたも立派な犯罪者である。

しかもいわゆる差別語には法律的な根拠などなく、どこかのおせっかいが「差別される人の身になって」勝手にルールを作っているのだから、なおさらである。この点で、筆者は人権屋たちに反対する。彼らは自分たちの好む誰か可哀相な人たちの"人権"が守られさえすれば、否、自分たちが正義の人になれさえすれば、作家の人権などどうでもよいのである。

また、筆者は民主党のやり方にも反対する。筆者が言っているのは、小泉総理の年金未加入問題についてである。国民年金が強制加入になった以降についてならいざ知らず、なる前の件についてまでなぜ追求しなければならないのだろう。シートベルトの例と同じで、義務になる前から自主的に納入なさっていたというのであれば、それはそれで立派ではある。ただし納入しなかった事を非難される筋合いはあるまい。筋合いがあるとお考えなら、ぜひとも民主党は党員全員の加入状況を、任意加入だった時点にまで遡って公開していただきたい。そして、「小泉には国民年金の加入を促す資格はない」と言うのであれば、自分たちがいかに資格にかなっているかを思う存分アピールするがいい。さぞかし小泉をひがむサラリーマン諸兄にウケが良くなる事であろう。
posted by 窓使い at 19:38| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 時事ネタっぽい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。