2005年02月28日

必殺のエディター・JEDをモバイルギアで使いたい

デコ氏大丈夫?

●インストールは難しい。パソコン初心者が最初にぶつかる壁は、ローマ字で小さい「あ」を入力する難しさを別にすれば、ソフトのインストールなのかも知れない。実際、筆者もこれらには手を焼いた。

MacやWindowsでもそうなのだから、MS-DOSのそれは推してしかるべし、である。OSの考え方の違いもそうだし、古いOSだけあってとにかく参照資料が少ない。天下のGoogle先生をもってしても、ソフトのインストールについては指南書が見つからないのだから参ってしまう。こればっかりは、図書館の蔵書を漁った方が賢明なのであろう。

それすらかなわぬ場合は、とにかく試行錯誤してみるしかない。中古で手に入れた往年のDOSマシン・ThinkPad220を使っていた当時の筆者には、図書館という当たり前の選択肢が思い浮かばなかったから(Google症候群とでも名付けよう)、頼りは運と試行錯誤だけだった。

Vectorあたりからダウンロードしたファイルをパソコンで解凍し、それによってできたもろもろをフロッピーでThinkPad220(ああ、懐かしい響き)に移す。ちなみに、Windowsの場合は.EXEという拡張子の付いたファイルは「解凍ソフトなしでインストールできるよ。クリックするとインストールが始まるよ」という意味である事が多いが、DOSの場合はちょっと意味が違うようだ。恐らくWindowsでいうところの、インストール済みのアプリケーションに近い意味ではないかと思う。だって、このままクリックっていうかEnterキーを押すだけでソフトが立ち上がるし。この辺の事情や経緯に詳しい人はコメントお願いね。

ファイルをモバイルギア本体に移すというここまでの手順は合っていると思うのだけど、これで無事にインストールできるとは限らないのが辛いところ。実際、筆者のインストール作業はたいていうまくいかなかった。理由は知らないけど、入れたファイルのどこをどういじっても、ソフトが立ち上がってくれなかったのだ。結局、筆者がインストールに成功したソフトは、記憶する限りではJEDというエディターのみであったような気がする。本体にもろもろを移して、JED.EXEを選んでEnterキーを押す。それだけで素直に起動してくれた。これには本当に助かった。それがためか、JEDは数あるエディターの中でも筆者の思い入れが深い。

そんなソフトだから、このブログを含めて日々の原稿書きに使いたいと思うのは当然の成り行きだ。あいにくとThinkPad220は壊れてしまったが、手元にはモバイルギアがある。こいつのOSはMS-DOSなので、それ用のソフトであるJEDも動くはずなのだ。ThinkPad220の場合はハードディスクの回転音がうるさ過ぎて不快だったけど、モバイルギアの場合はそれもないし。これはぜひともインストールしたい。

でも、どうやって?(続く。かも。)
posted by 窓使い at 21:10| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | PDA、ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。